2010年10月17日日曜日

「フューチャー・デイズ」カン

原題:Future Days / CAN

Future Days収録





君が行なっているすべてのために君がやろうとしていることすべては
君がやろうとしていることすべてなんだ
いつでもそして今夜僕が帰ろうとしている時においても。
君はそのすべてをやるために
人々を排除できると思っているのかい?
僕は今夜戻ろうとしているけど君は去ってしまう
すべての場所へ すべて君の行く場所へと。

僕はただあの部屋が終わる運命にあることを思う
どうすれば彼らの夢ゆえに彼らを賞賛できるかな?
まさかの時に備えてお金を送るんだ
未来の日々のために。
君は僕のためには何も持たない方がいい、
君は年齢を顔に刻み付けた方が良い、
君は借りものの獲物の陰に隠れる
未来の日々のために。
  
君はあのウソを広めている、わかっているよね、
君は意気消沈し愚かなことをして身を滅ぼしている
そうすることが家を壊すことになったんだから。
君は何をしたんだ、夜を解き放ったのかい?
あの壊れた家すべてが
家を壊し尽くすような破壊で
グルグルと巻上がり壁をも破壊し、
そして大風が君の家を壊し、巻き上げ続けたにもかかわらず。

僕はただあの部屋が終わる運命にあることを思う
どうすれば彼らの夢ゆえに彼らを賞賛できるかな?
まさかの時に備えてお金を送るんだ
未来の日々のために。
君は僕のためには何も持たない方がいい、
君は年齢を顔に刻み付けた方が良い、
君は借りものの獲物の陰に隠れる
未来の日々のために。

そして君は夜を失い
君の夢から降りてくる
まさかの時に備えてお金を送るんだ
未来の日々のために。
君は僕のためには何も持たない方がいい、
君は年齢を顔に刻み付けた方が良い、
君は借りものの獲物の陰に隠れる
未来の日々のために。
未来の日々のために。
すべては未来の日々のためにと言われていたんだ
  
僕はただあの部屋が終わる運命にあることを思う
どうすれば彼らの夢ゆえに彼らを賞賛できるかな?
まさかの時に備えてお金を送るんだ
未来の日々のために。
君は僕のためには何も持たない方がいい、
君は年齢を顔に刻み付けた方が良い、
君は借りものの獲物の陰に隠れる
未来の日々のために。
  
未来の日々のために、
未来の日々のために、
未来の日々のために、
未来の日々のために、
未来の日々のために、
未来の日々のために、
未来の日々のために、
未来の日々のために、
未来の日々のために、
未来の日々のために、
未来の日々のために、
未来の日々のために、
未来の日々のために、
未来の日々のために、
未来の日々のために。


All you're gonna do for all that you do
Is all you're gonna do all
And when I'm coming home tonight.
Do you think you can do
The people away to do it all?
I'm coming home and away you go
To the all and all you go.

I just think that room's to end,
How commend them from their dreams?
Send that money for a rainy day
For the sake of future days.
You better have nothing for me,
You better move year on your face,
You hide behind a borrowed chase
For the sake of future days.

You're spreading that lie, you know that,
You're getting down, breaking your neck,
When doing that was breaking home.
What have you done, free the night?
With all that breaking home
Was breaking that break up home,
Was rolling up, break the wall,
And the tall wind did break your home, roll, roll on.

I just think that room's to end,
How commend them from their dreams?
Send that money for a rainy day
For the sake of future days.
You better have nothing for me,
You better move year on your face,
You hide behind a borrowed chase
For the sake of future days.

And the night you're losing,
Light down from your dreams,
Send the money for a rainy day
For the sake of future days.
You better have nothing for me,
You better move year on your face,
You hide behind a borrowed chase
For the sake of future days,
For the sake of future days,
Said it's all for the sake of future days.

I just think that room's to end,
How commend them from their dreams?
Send that money for a rainy day
For the sake of future days.
You better have nothing for me,
You better move year on your face,
You hide behind a borrowed chase
For the sake of future days.

For the sake of future days,
For the sake of future days,
For the sake of future days,
For the sake of future days,
For the sake of future days,
For the sake of future days,
For the sake of future days,
For the sake of future days,
For the sake of future days,
For the sake of future days,
For the sake of future days,
For the sake of future days,
For the sake of future days,
For the sake of future days,
For the sake of future days,
For the sake of future days.
  
※ 手持ちのCDには歌詞が印刷されていないので
LyricWikiの歌詞を採用させていただきました
 
【メモ】
ドイツのバンドCAN(カン)の代表作「Future Days」(1973年)から、そのアルバムタイトル曲である。

ドラムスとパーカッションが奏でる、静かで繊細な反復リズム。ミニマルでもあり、エスニックでもあり、アンビエントでもある、軽やかで心地よい音空間。そこにつぶやくように、ささやくように乗るダモ・鈴木のボーカル。冒頭部分などは音響処理の結果歌詞がよく聴き取れないほどだ。

曲は穏やかに聴く者を包み込み、聞き手は桃源郷のような音世界に漂う。プログレッシヴ・ロックという言葉から思い出される大仰さやテンションの高さとは無縁の世界。かといってエレクトロ・ビートによる電子音楽とも異なる、実はかなり肉感的な世界。

まず大事なのはこの曲のキモはこの浮遊感なのだということだ。落ち着いたサイケデリック、トリップ空間に遊ぶような感覚。ボーカルもその一部と言っていい。だからそこに強いメッセージを読み取ろうとすることには意味がない。むしろ言葉遊びのような、意味を排除するかのような使われ方をしていると言える。声も楽器、あるいはアンビエントの要素の一つといった感じなのだ。

しかしまた完全な言葉遊びではないことも確かである。したがって、全体としてのイメージは追ってみる価値はあるだろう。

この歌詞には「僕」と「君」が出てきて、「僕」が「君」に語りかけるような設定になっている。「君」からの返答はない。すべて「僕」のモノローグとして語られていく。

第1連、言葉遊びのように同じ表現が一つの文章の中に繰り返し出てくるが、内容的には「君」が行なおうとして実際に今行なっていることが、「今夜僕が家へ(つまり君のもとへ)と帰ろうとしている」ことに無関係に、あるいはそれを無視して続けられていると言っている。僕は君に会いに君のもとへと帰ろうとしている。しかし君にとっては「僕」はやるべきことをやるために排除すべき人々の一人なのかもしれない。

だから「僕」が戻ろうとしているのに、「君」は去ろうとしている。自分がしたいことをする場所に向って。ここで二人はすれ違う。「僕」の君への思いに、「君」は応えてくれない。

第2連では「the room's to end(= the room is to end)」(あの部屋が終わってしまう)」と「僕」は思う。これは「僕」が帰ろうと思っていた二人の部屋のことだろうか。つまり二人の関係はもう終わってしまうと言っているのではないか。

ここで「them」(彼ら)、「their dreams」(彼らの夢)という言葉が出てくる。「君」は僕のもとからある種の夢の実現に向って行動している「彼ら」のところへ行ってしまったのだろうか。だとしても「僕」にはその夢を以て彼らを賞賛することはできないのだ。「Send that money for a rainy day / For the sake of future days.」は、その彼らの夢を叶える過程で、彼らから求められた言葉かもしれない。「未来の日々のために、まさかの時のためにお金を送りなさい」と。

そしてもはや「君」が「僕」との関係に意味を見いだせなくなったなら、一層のこと「僕」に対する思いや未練は捨てて欲しいと言う。そして過ぎ行く時間は、自らの顔にその印を刻みつけるだけ良いと言う。そして「君」は「borrowed chase(借りてきた獲物)」の陰に隠れるた。つまり自分自身が捕まらないように、集団という大きな獲物の影に隠れたということだろうか。

第3連では「君」は知っていながらウソをつく。そうすることで自分の身を滅ぼしている。「僕」は「君」に裏切られた。それが二人の「家」を壊すことにもなったんだということか。「君」は「夜」を解き放った。その結果、二人の「家」は竜巻にでもあったように、破壊され、空へと巻き上げられたしまったのだ。「夜」とは悪しき夢、自分勝手な夢の比喩であろうか。

第5連では「君」はその夜を失い、夢から地上へと降りてくる。夢破れて現実を知ることになる。でももう「君」は「彼ら」の中にいる。「僕」のもとへは帰ってこない。そしてまた「未来の日々のために」そこでの生活を続けている。

第5連の最終行「Said it's all for the sake of future days(=(It is) said (that) it's all for the sake of future days)」(すべては未来の日々のために、そう言われていたんだ)が、意味深である。以後何回も繰り返される「For the sake of future days」(未来の日々のために)というフレーズであるが、この一文から察すると、実はこれは否定的に使われているのではないかと思われるのだ。

未来のためにという理想主義に共感し、「君」は「僕」のもとを去り、「彼ら」を選んだのではないか。「僕」から逃げ出し、二人の部屋や家を破壊してしまったのではないか。

非常に心地よいサウンドから、オプティミスティックな世界に浸っている気分になってしまい、「future days(未来の日々)」という言葉にも、プラスなイメージを持ちたくなってしまうが、実はそこには「未来の日々のために」という理想主義的スローガンに魅かれて恋人が去ってしまった「僕」の、大きな悲しみと虚無感が歌われているのではないかと思うのだ。

つまりこの曲は「希望の未来」を歌ったものではなく、「空虚なる『未来のために』という言葉」を歌ったものだということだ。その失われた「僕」の虚無感(nihilizm)や虚脱感が、実は浮遊感としてこの曲に漂っているものの正体なのかもしれない。

右端が日本人ボーカルのダモ鈴木
  
ちなみにバンド名のCANは、「Communism」(共産主義)、「Anarchism」(無政府主義)、「Nihilism」(虚無主義)の頭文字を並べたもの、英語の可能を意味する助動詞「can」、あらゆるアイデアを放り込む缶(can)というような意味を持つと言われている。

  

0 件のコメント:

コメントを投稿