2010年4月25日日曜日

「ザ・リターン・オブ・ザ・ジャイアント・ホグウィード」ジェネシス

原題:The Return of the Giant Hogweed

Nursery Cryme
(邦題は「怪奇骨董音楽箱」)収録







巨大ブタクサの逆襲

身をひるがえして走れ!
ヤツらを止めることなんてできない、
すべての河や運がの周りでヤツらの力は増大している。
ヤツらを踏みつぶせ!
われわれはヤツらを滅ぼさねばならない、
ヤツらはその濃密で邪悪な警告臭を伴って各都市に侵入する。

ヤツらは無敵だ、
ヤツらはわれわれの除草剤による反撃すべてに免疫を持っているようだ。

遠い昔のロシアの丘陵で
ビクトリア時代の探検家が沼地の近くで王家のブタクサを発見した、
彼はそれを手に入れると家へと持ち帰った。
その植物は目覚める、復讐を果たすために。
王家の獣は忘れていなかったのだ。
彼はロンドンへとやって来た、
そしてそのブタクサを王立キュー植物園へ寄贈したのだ。

時間を無駄にするな!
ヤツらは近づいている。
さぁ急ぐんだ、われわれは自らを守り避難場所を見つけねばならない
夜襲をかけろ!
ヤツらの光に反応する毒には太陽が必要なのだ

ヤツらは無敵だ、
ヤツらはわれわれの除草剤による反撃すべてに免疫を持っているようだ。

上流階級の地方の大地主たちは開拓した野生の庭を持った、
そこに彼らは無邪気にも巨大ブタクサを土地一面に植えたのだ。
その植物は目覚める、復讐を果たすために。
王家の獣は忘れていなかったのだ。
まもなくヤツらは逃亡し、種子をまき散らした、
猛攻撃に備え、人類への脅威たらんとして。

巨大ブタクサのダンス

強大なるブタクサの復讐の時が来れり。人間たちはまもなくわれらの怒りを知るだろう。
ブタクサの毛で人間たちを殺せ
ヘラクレウム・マンテガッツイィアーニ

巨大ブタクサは生きている

ー 前進 ー


Turn and run!
Nothing can stop them,
Around every river and canal their power is growing.
Stamp them out!
We must destroy them,
They infiltrate each city with their thick dark warning odour.

They are invincible,
They seem immune to all our herbicidal battering.

Long ago in the Russian hills,
A Victorian explorer found the regal Hogweed by a marsh,
He captured it and brought it home.
Botanical creature stirs, seeking revenge.
Royal beast did not forget.
He came home to London,
And made a present of the Hogweed to the Royal Gardens at Kew.

Waste no time!
They are approaching.
Hurry now, we must protect ourselves and find some shelter
Strike by night!
They are defenceless.
They all need the sun to photosensitize their venom.

Still they're invincible,
Still they're immune to all our herbicidal battering.

Fashionable country gentlemen had some cultivated wild gardens,
In which they innocently planted the Giant Hogweed throughout the land.
Botanical creature stirs, seeking revenge.
Royal beast did not forget.
Soon they escaped, spreading their seed,
Preparing for an onslaught, threatening the human race.

The Dance Of The Giant Hogweed

Mighty Hogweed is avenged.
Human bodies soon will know our anger.
Kill them with your Hogweed hairs
HERACLEUM MANTEGAZZIANI

Giant Hogweed lives

- ADVANCE - 

紫色部分は曲中では歌われない。特に「The Dance Of The Giant Hogweed」は太字なので、この部分で演奏されるインストゥルメンタル・パートのタイトルと考えることもできる。


【メモ】
hogweedとは、ragweed(ブタクサ:花粉熱の原因となることがある)、horseweed(オオブタクサ)cow parsnip(ハナウド)など、キクに似た頭状花をもつ各種の雑草の総称。ちなみにragweedには低品質のマリファナの意味もある。

しかしGiant Hogweedというと、セリ科ハナウド属の多年草のことで、高さ4m、頭の部分は80cmにも及ぶもの(右写真:Wikipediaより)。「バイカルハナウド」と和名を当てている例もあったが、定着した和名はないようなので、一応「巨大ブタクサ」と訳を当てた。
 
この巨大ブタクサは、コーカサス地方から中央アジア原産で、19世紀にイギリスに大量に持ち込まれた観賞用植物の一種。今では川土手沿いに全国的に広まり、その土地にもともとあった植物に取って代わって密集し、この草の汁が肌についてそこに太陽光が当たると、まるで火傷のように皮膚が炎症を起こす“光毒性”も持つ。今では世界的にも問題になっている植物だと言う。

こうして見てみると、歌詞における巨大ブタクサの描写はかなり事実に忠実であることが分かる。

そして「Giant Hogweed(巨大ブタクサ)」などと言われて、ちょっと突然変異的な怪物を連想しそうだが、実際のGiant Hogweedも4mとかなりの大きさであり、国内種を駆逐するほどの繁殖力を持っている点など、そこに“脅威”を感じることには実はそれほど突飛なことではないのだ。もちろん直接動き回って人間に襲いかかるという部分はSF的だけれども。

まさにあちこちの河原で目にする巨大な植物。それはもともとどことなく不気味な植物であるのかもしれない。そこに“復讐”を絡めることで、一曲目の「Musical Box」同様に、ちょっとナーサリー・ライム(マザー・グース)的な、どこかしら気味の悪さが感じられるストーリーになったのではないかと思う。

さらにPeter Gabrielの表現力全開な強烈なボーカルが、この曲をコミカルさと不気味さと不思議さの混ざり合った曲にしている。それと共に、どことなくぎこちない曲展開とバックの多彩な表現が、それに拍車をかけていると言えるだろう。まさにこの「Nursery Cryme」というアルバムにふさわしい一曲。

「The Dance Of the Giant Hogweed」以降は、巨大ブタクサ側からの言葉であろう。「Heracreum Mantegazziani」はGiant Hogweed(巨大ブタクサ)の学名。最後に学名を告げるあたりは、まさに由緒正しきroyal(王家の)植物らしい、締めの言葉である。あるいは人類に対する宣戦布告か。
 
その後のメロトロンが鳴り響く勇壮なエンディングから考えると、最後の「ADVANCE」は「前進」あるいは「侵攻開始」というような意味だろうか。

ちなみに植物が人間を襲うということから、わたしは肉食植物が人間を襲うSF「The Day of Triffids(トリフィドの日/トリフィド時代)」を思い出した。

この小説がイギリスのSF作家ジョン・ウインダムによって書かれたのが1951年、その後1960年にBBCによりラジオドラマ化、1962年に映画化されている。「Nursery Cryme」発表は1971年だから、時期的に聴く人の中でイメージが重なったり、あるいはイメージを補足しただろうことは十分考えられる。

もちろん、それをある程度意図して作られた歌だろうことも。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿