2009年8月15日土曜日

「新しい地平線」ザ・ムーディー・ブルース

原題:New Horizons / The Moody Blues(ザ・ムーディー・ブルース)

セヴンス・ソジャーン/神秘な世界
(Seventh Sojourn)収録






僕らは1人が持つに十分な夢を抱いてきた
そして僕は3人分にもあたるほどの愛を得た
僕は僕の望みが僕を癒してくれるようにし
僕は海の彼方に新しい水平線を得た

でもあなたからの大切な贈り物を決して失いたくないんだ
それは常にそのままでいて欲しいんだ
だって僕自身の心の平和を見つけていくんだ
いつの日か…

僕らが見つけたこの場所はいったいどこだろう
僕らが縛られている場所がどこか誰も知らない
僕は耳を澄ます、そして目にしたいと思う
だって自分のためにたくさんの涙を流してきたんだから

でもあなたからの大切な贈り物を決して失いたくないんだ
それは常にそのままでいて欲しいんだ
だって僕自身の心の平和を見つけていくんだ
いつの日か…

自由に舞い上がる風に乗って
あなたの翼を広げなさい
僕は見始める
景色から遠ざかり 心からも自由になって
悪夢が現実とならないところで

僕らは一人が持つに十分な夢を抱いてきた
そして僕は3人分にもあたるほどの愛を得た
僕は僕の望みが僕を癒してくれるようにし
僕は海の彼方に新しい水平線を得た

でもあなたからの大切な贈り物を決して失いたくないんだ
それは常にそのままでいて欲しいんだ
だって僕自身の心の平和を見つけていくんだ
いつの日か…
いつの日か…

Well I've had dreams enough for one
And I've got love enough for three
I have my hopes to comfort me
I got my new horizons out to sea

But I'm never going to lose your precious gift
It will always be that way
Cos I know I'm going to find my own peace of mind
Someday...

Where is this place that we have found
Nobody knows where we are bound
I long to hear, I need to see
Cos I've shed tears too many for me

But I'm never going to lose your precious gift
It will always be that way
Cos I know I'm going to find my own peace of mind
Someday...

On the wind soaring free
Spread your wings
I'm beginning to see
Out of mind far from view
Beyond the reach of a nightmare come true

Well I've had dreams enough for one
And I got love enough for three
I have my hopes to comfort me
I got my new horizons out to sea

But I'm never going to lose your precious gift
It will always be that way
Cos I know I'm going to find my own peace of mind
Someday...
Someway...

【メモ】
イギリスのバンド、ムーディー・ブルース(The Moody Blues)の7枚目のアルバム「Seventh Sojourn(神秘な世界)」より。ムーディー・ブルースをプログレッシヴ・ロックに入れるかどうかは微妙なところだが、親しみやすく深みのあるメロディーと、暖かいボーカルとグリーク風ハーモニー、そしてメロトロンやピンダトロンを駆使した広がりのある優しい世界は唯一無二なもの。

ここでは「私」と「あなた」と「私たち」が出てくる。第1連では「僕ら」と「僕」が出てくる。そこで述べられているのは「僕」と「僕ら」がともに過ごしてきた関係を振り返っているのだろうか。最終行を除き全て現在完了形なので、そうした経験を経てきているという感じだろうか。夢を抱き、愛を求め、希望にすがり、新しい水平線を海へともたらした。

「horizons」と複数形になると「思考、知識などの“地平”、視野、限界」という意味も出てくる。海の水平線にかけているのだろうが、いくつもの新しい視野、あるいは新しい人生の目的を手に入れたとも取れそうである。

しかし、第2連で僕の一番切なる思いが述べられる。「あなたからの大切な贈り物を決して失いたくない」という思い。そして「それはずっとそのままでいて欲しいんだ」という願い。

優しいJustin Hayward(ジャスティン・ヘイワード)のボーカルと、心に染み込むようなメロディー、そしてアコースティックな素朴な演奏を耳にしていると、この「あなたからの大切な贈り物」とは「あなたからの愛」ではないかと思えてくるのだ。

あなたの愛を感じることで、単純に幸福の絶頂に至り、苦しみから解き放たれるわけではない。そうした愛は若い時代の愛なんじゃないかな。「私」はあなたからの愛を支えに、自分自身の平和を見つけていこうとしている。それがいつの日になるかわからないけれど。それこそが僕が海の遠い彼方に見いだした、新しい水平線なのかもしれない。

自分たちの居場所さえわからずにいる二人。僕はこれまで涙をたくさん流してきた。でも心を閉ざさず、耳を澄まし、目を見開いて自由に舞い上がり羽を広げるあなたを見る。そして悲しみや苦しみや悪夢からも遠ざかった自由で平和な心を手にしようと思う。「僕」は、「あなたからの大切な贈り物」つまり「あなたからの愛」によって、それを目指そうとしている。

「Beyond the reach of nightmare come true」は文章として不完全で、「beyond」は前置詞だから後に文章は来れないのだ。したがって「Beyond the reach of nightmare (being)come true」であると解釈した。

愛することが目的ではなく、愛に支えられ励まされながら生きていく人生を歌った歌。あぁ、大人だ。なんだか泣けてくる。そして励まされる歌だ。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿